その後に警察へ知らせて自動車事故が起きた事

想像できずにいきなり遭遇してしまうのが交通事故です。男 陰毛 脱毛

この状況で何をどうやって行動したかで、自動車の保険金の支払金もかなり変化する場合もありますので正しい判断と対処が大事です。

考えもしない状況で気が動転してしまうと大切な対応を見逃してしまい後で自らが損を負うこともありますので自動車の事故をしてしまったケースは冷静に以下の処理をしましょう。

事故を起こしてしまった場面で第一にするべきは怪我をした方の状況を確認する必要があります。

交通事故の後すぐは頭の中が真白になって喪心状態になってしまうことがありすぐに動けないのが当然です。

なので、負傷した人がいた場合には安全な場所に運んでできる限りの手当して周りの人に助けを求めるなど要救助者第一に努める必要があります。

救急車に連絡する場合は正確な事故があった場所を知らせ分からない状況では周囲の分かり易い学校や地点を知らせて事故の場所が判断できるようにします。

その後に警察へ知らせて自動車事故が起きた事、現状を告げます。

救急車と警察を待っている間に事故相手の情報を聞きます。

氏名、住んでいるところ、車のプレート事故の相手側の保険の会社名など自分だけでなく相手のことを伝えます。

その時相手に違反があるような状態では、その場でやり取りしようとすることが考えれますがすぐに処理するのではなく、どんな風な状況であっても警察や車の保険会社連絡して、正しくチェックしてもらいます。

関係者の情報を交換したら交通の妨害になることをやめるために妨げとなる物道路の上から取り除きます。

どうしても被害が他人の車の邪魔となっている時には、自分と相手の情報交換をするよりもそれを行ってしまっても構いません。

その次に自分自身の加入している自動車の保険会社に電話をして交通事故が発生したことを連絡します。

事故から特定の時間内に保険屋さんに電話を入れておかないと自動車の保険の適用外となるケースもあるので極力遅れることなく連絡を入れることが必要です。

出来たら事故内容の様子としてコンパクトカメラや携帯などを使って状況やマイカーの破損の状態を見ることができる写真を写します。

その写真は責任の割合決定する時にかなり大きな証拠とできますので自分自身の乗用車や先方の愛車の故障個所をきっちりと手がかりとして残しておくことが大切です。

その時に目撃者がいたとしたら警官や自動車保険会社が到着するまで事故の現場にいて頂くようにお願いするのも必要です。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.bbcastello.com All Rights Reserved.