1客に渡す用の利用明細

クレジットを店頭において利用する場合、誰でも経験がおありかと思うのだが、担当者が理解していないことでどちらの明細を客へ提示するべきかわかっていないことがある。アヤナス店舗

クレジットカードを機械に通すと、カード端末より3枚1組の利用レシートというものが発行されるためで、このレシートの中のどちらをお客様へ差し出したら良いのか判断できないということがあります。ゾニサミド 猫

複数枚のレシートについて●この3枚の利用明細の正体とはは?をまとめると以下の記載のようになります。

1客に渡す用の利用明細。

2お店の控えレシート。

3カード会社控え用の利用明細(記名を書く紙)。

通常であれば絶対カード利用者の方へ渡さなければいけない利用レシートを渡すのだが、たまに、店舗で保管する明細を利用者に対して間違って渡してしまうパターンや署名された側の明細を渡してしまった痛恨のミスさえも見受けられる。

このようなパターンはバイトの担当者や、普段からクレジットが使われることのない店頭にて使用するとそれらのスタッフの困った姿というものが体験できるだろう。

万が一店舗スタッフが上記のように使用明細というものを渡してきたときは、怒らずに「違いますよ」と直してみてはいかがでしょうか。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.bbcastello.com All Rights Reserved.