www.bbcastello.com

突然遭遇してしまうのが乗用車の事故です。この場面でどのように判断する結果が原因となり自動車の保険金の受け取り額もかなり異なる場面も予測できますので間違えない決断力と対応力が大事です。予測できないアクシデントにあって平静さを失ってしまったとしたら重要な対処を見落してしまい、後々あなたがとても大きな損を負わされるケースも考えられるので交通事故に巻き込まれた場合には正確に次の対応をしましょう。自動車事故を起こした場面でまずする必要があるのは負傷した方の状況を確認する必要があります。車の事故のすぐ後は気が動転するあまり呆然としてしまう場面があり直ちに行動できないのが当然です。怪我をした人がいた場合には危険ではない地点へ動いて処置をして、周囲に助けを求めるようにして怪我人第一に努めることが大事です。119番に連絡する状況では正確な事故の場所を知らせて不明確な状態では周囲の分かり易い建物や場所名を連絡し地点が判断できるようにします。その後で警察に連絡して、自動車の事故が発生したことさらに現在の様子を説明します。救急車とパトカーを待っている間に相手側の情報をチェックします。氏名、住所、免許証、事故の相手側の自動車保険会社名と言った相手だけでなく自分のことをやり取りします。特に事故の相手に過失があるような時には、すぐに結論を出そうとする場面が考えられますが即刻やり取りするのではなく、どのケースだとしても警察署や保険屋さんに連絡してきちんと確認してもらうようにしましょう。互いの情報を伝えたら他の人の邪魔になることをやめるために妨げになる物道から取り除きます。もし邪魔な物が他人の障害となっている場合は自分と相手の情報交換をするより早くこの作業をしても問題ありません。その次に自分の加盟している車の保険会社に電話を入れ交通事故があった旨を報告します。交通事故から一定の期間の時に自動車の保険会社に電話を入れておかないと保険の適用外となる場面も想定されるので可能な限り遅れることなく連絡を入れることが大事です。さらに形跡として、デジタルカメラや携帯電話のカメラで事故やマイカーの破損状態の写真を撮ります。その証拠写真は過失がどのくらいあるのか決める際にかなり大きな手がかりとなるので、自分自身の自動車や先方の愛車の壊れた箇所を正しく証拠に残しておくことが重要です。その場面で見た人がいたのなら警察や保険会社が到着するまで一緒にそのまま待ってもらえるようにお願いするのも忘れてはいけません。

コンテンツ

リンク

Copyright © 1999 www.bbcastello.com All Rights Reserved.